読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チワワワークスプロジェクト 〜二地域居住とモノづくりの夢〜

ものづくりブームに乗って「個人メーカー」の夢を実現できるか。平日は大阪で働き、週末を倉敷で過ごす、二地域居住を実践する"チワワワークス"が、 俺流「スカンクワークス」を目指して、個人プロジェクトを立ち上げました!本業とは別に隙間時間を利用してモノづくりに奮闘します。 3次元CADで設計し、3Dプリンターやレーザーカッターを使います。 他にもゆるーく日々の雑感、料理やライフハック、思いついたことを書いていきます。

【真田丸】望みを捨てなかった者にのみ、道は開ける【大坂夏の陣の戦略の話】

NHK大河ドラマ真田丸の最終回、大変面白く拝見しました。
 

タイミングの悪いことに、クラブワールドカップの決勝、レアル・マドリー鹿島アントラーズという最高にエキサイティングな好ゲームと同時刻になってしまったのですよ。

だからサッカーをリアルタイムで観て、真田丸は翌日録画で見ることにしたので、このエントリーを書いてるのは1日遅れです。

 

ドラマ真田丸の最終回は、とっても面白かったのですが、アクションシーンが多くて、真田幸村(信繁)の戦略についてあまり深く掘り下げられなかったのが残念です。

 

幸村は、すでに天下人になっている徳川家康を迎え撃つという圧倒的に不利な状況にも関わらず、確実に家康を討ち取るための戦略を立てていたのですよ。(正確に言うと戦略と戦術とは別で、以下の話は戦術に近いのですが、細かいことは言いっこ無しです。)

f:id:chihuahua-works:20161220081933j:plain

 

真田幸村が立てた大坂夏の陣の戦略

大坂夏の陣は、大まかに分けると「道明寺・誉田合戦」と「天王寺・岡山合戦」に分けられます。ここでは最後の天王寺・岡山合戦だけを取り上げます。

 

前回の大坂冬の陣で、大坂城は外堀・内堀の両方を埋められてしまい裸城になっています。なので、もう城に使い道はありません。幸村は野戦に勝機を見出すしかありませんでした。

 

しかし野戦は大軍を擁する方が圧倒的に有利な戦です。そして家康は諸国の大名を引き連れた30万もの大軍で戦を仕掛けてきました。対する豊臣方は浪人を中心とした10万人。数では勝ち目がありません。裸城に大軍、徳川方には楽勝ムードが充満していました。

 

せめて堀があれば、寡兵でも大軍を迎え撃つことができるのですが・・・・

実はあったんです。当時の大坂に使える堀が。

 

大坂の中心部には、上町台地と呼ばれるかなり高い台地があります。台地から見て海側の平野部と内陸の平野部を結ぶ水運用に台地を削って通されたのであろう古代の水路跡が、当時の四天王寺の南側にまだ残っていました。真田幸村毛利勝永は、この水路跡を整備して堀を持つ砦に変える突貫工事をおこないます。幸村は茶臼山で、勝永は四天王寺で、徳川軍を迎え撃つことにしました。

f:id:chihuahua-works:20161220003024p:plain

 

この堀はかなり防御に有効で、徳川軍はここから先へ進むことができません。楽勝のはずが全然ダメな状況に家康は怒り心頭です。前線司令官の本多忠朝(戦国最強の誉れ高い本多忠勝の息子)を叱咤しまくります。忠朝は冬の陣でも失敗をしていて、焦っていました。結果、徳川軍は被害の拡大も厭わずに無謀な突撃を繰り返すことになります。

 

反攻の開始

徳川軍は前のめりになりすぎました。これが真田幸村たちが狙っていた千載一遇の好機だったのです。サッカーで言うところの裏をとるという状態。前線と家康のいる本陣の間がガラ空きになってしまったのです。

 

まず毛利勝永が東側から砦を出て突撃を開始します。この時の勝永の戦働きは鬼神のようでした。まず本多忠朝を打ち取り、そこから小笠原秀政・浅野長重・秋田実季・榊原康勝・安藤直次・六郷政乗・仙石忠政・諏訪忠恒・松下重綱・酒井家次・本多忠純らの各軍を打ち破っていきます。前線に密集しすぎた敵軍は騎馬隊で蹴散らされると成すすべがありません。徳川の前線は混乱の極みにありました。

 

間髪おかずに真田幸村が西側から砦を出て、前線の敵兵を騎馬で突破して、前線と分断された家康のいる本陣を一直線に狙います。完璧に幸村の術中にはまったことを悟った家康は、本陣を捨て、逃げて逃げて逃げまくります。

 

家康は考えます。もし幸村の軍に捕まり、自分の首を取られたら、徳川の威光は失われ、ひょっとすると政権が瓦解するかもしれない。そうなる前に自分で腹を切り、家康の首が、敵方に渡らないようにしようと。

しかし徳川の家臣たちが必死に止めたため、なんとか家康の自害は免れました。

 

真田幸村はどれほどの劣勢に立っても決して勝利の望みを捨てていませんでした。この戦略を考案した時には必ず勝てると確信していたものと思われます。

 

豊臣方の敗北

ここで豊臣秀頼が戦場に登場し、豊臣の威光を知らしめたなら、徳川軍内にも多数いる豊臣恩顧の武将たちが動揺し、豊臣方の勝利は決定的になったでしょう。しかし秀頼は決して大坂城から出ることはありませんでした。このくだりはドラマでも描かれている通りですね。

おそらく大坂城の文官たちは、勝てる訳がないと考え、徳川方の慈悲にすがるつもりだったのでしょう。だから激しく抵抗を続ける幸村たちを疎ましく考え、邪魔をしたのかもしれません。家康の機嫌を損ねるような事が無いように。

 

さらに幸村ら前線の豊臣方には、不運が色々と重なり、逆に徳川軍に押し返されるようになります。真田幸村毛利勝永は砦の内側に戻り防戦一方となります。

 

もう一人の徳川方前線司令官の松平忠直は、執拗に突撃を繰り返し、ついに堀を突破して茶臼山の砦へ乗り込み始めます。真田幸村は後退して抵抗しますが、茶臼山の裏にある安居天神でついに最期を迎えました。毛利勝永大坂城まで戻り、自刃する豊臣秀頼介錯をしてから、自害して果てます。豊臣の陪臣たちからは、信用のおけない浪人どもという扱いを受ける彼らでしたが、結局、最後まで忠義の士であることを貫き通しました。

 

下の写真が現在の茶臼山です。手前の池が例の古代の水路跡の名残だと言われています。

f:id:chihuahua-works:20161127174953j:plain

 

戦後の真田幸村

大坂夏の陣が終わり、徳川家康の陣屋へ真田幸村の首が運ばれます。その首を見た家康は、配下の武将たちへ語りかけます。これが日の本一の兵(つわもの)の面構えであると。激賞と言ってよいでしょう。そして幸村の髪を少し切り、戦で特に功績のあった武将へ褒美として与えました。武将たちは幸村の武勇にあやかりたいとこぞって請い求めたと言われています。幸村の首は三条河原にさらされることもなく、敬意を持って埋葬されました。

 

通常、時の政権へ歯向かった人間は、徹底的に貶められ歴史の闇に捨て去られるのが普通です。しかし真田幸村は完全に例外となり、徳川の世であっても絵巻物の主人公になったり、日の本一の兵として長く語り継がれることになります。

 

大坂夏の陣」ゆかりの場所

前回のエントリーで慶沢園と茶臼山を取り上げましたが、そのついでに真田幸村最期の戦い「大坂夏の陣」ゆかりの場所を色々と廻りました。

 

例えば古代の水路跡って茶臼山の池以外にも残っているんですよ。

下の写真を見てください。道路が少し窪んでいるのがわかりますでしょうか。これは現在の谷町筋天王寺駅四天王寺の中間地点くらいの場所です。もう埋め立てられていますが、今でも水路の窪み跡が残ってはいるんですね。日本バプテスト大阪教会の前あたりです。

f:id:chihuahua-works:20161220015022j:plain

 

一心寺存牟堂

大阪夏の陣の歴史散策をするならば、絶対外せない場所が一心寺存牟堂(ぞんむどう)です。茶臼山入り口の向かいにあります。無料で利用できます。

f:id:chihuahua-works:20161220015631j:plain

 

存牟堂では、大坂夏の陣の経過が良く分かる7分ほどの映画を上映している他、立派な夏の陣の金屏風絵が見れたり、歴史散策マップがもらえたりします。

f:id:chihuahua-works:20161219231118j:plain

 

金屏風絵の石の鳥居を見てから、すぐ近くにある本物の四天王寺の石の鳥居を見るとなんだか感慨深いものがあります。

f:id:chihuahua-works:20161220020311j:plain

 

どれほど絶望的に思える状況であっても、決して望みを捨てず、勝利のための手を全て打つ。

そんな真田幸村の生き様は、後世の人たちに勇気を与えますね。

 

あ、そういえば、絶対に勝ち目がないと言われた銀河系軍団レアル・マドリーに対し、一歩も引かずに善戦し、倒す寸前まで持ち込んだ鹿島アントラーズも幸村イズムの後継者かもしれないですね。チームカラーは赤で同じだし、チームシンボルが同じく「鹿の角」という奇遇。現代においても、幸村の魂は生き続けているのです。

雨の日の散策。アートイベント「月読みの和芸術」から真田幸村ゆかりの茶臼山へ

今日は、朝から雨が降っていますが、お出かけしようと思います。

私もお世話になっている「アート&手作り起業家ビジネス交流会」のお仲間が開催しているアートイベント「月読みの和芸術」に行くために。

 

f:id:chihuahua-works:20161127162123j:plain

 

目指す場所は、天王寺の「慶沢園」です。

今年の春に開催されたアートイベント「花笑みの和芸術」が好評だったため、今秋も開催されることになったそうです。実は前回もこのブログで取り上げたんですよ。

chihuahua-works.hatenablog.jp

 

月読みの和芸術って

「月読みの和芸術」は、天王寺公園内の慶沢園で、開催されるアートイベントです。「伝統をアートに」というテーマで、6人の女流アーティストが作品を展示されています。主催者の「ARTdeGENKI」のFacebook公式ページの説明文を引用した方がわかりやすいかな。

 

ARTdeGENKIプロジェクト企画、慶沢園で、平成28年11月26日(土曜日)と27日(日曜日)の2日間、「伝統芸術をクールジャパンアートに、和の女性作家の作品展」として「月読み(つくよみ)の和芸術」を開催します。

和の文化のおもてなしが再注目され、日本の伝統文化を見直すという意識が高まっている中、和の文化を身近に触れ、「日本を大好きになってもらう」「日本文化を体験してもらう」体験イベント。

日本庭園、茶室という、日本文化が凝縮された空間で、和の芸術を生業に関西で活動する女性アーティストを集め、伝統芸術の今に親しむことができるイベントです。

日本庭園(慶沢園)の入場料 大人150円 子供80円

https://www.facebook.com/events/167400163710134/

 

雨の慶沢園

慶沢園は、大阪市営地下鉄天王寺駅が最寄駅です。天王寺公園内を通って慶沢園に行きます。

雨はいっこうに止む気配がありません。券売所の女性と少し立ち話をしました。初日26日はお天気も良く、とても盛況だったそうです。しかし2日目はこの大雨ですから少し客入りも厳しいそうな。惜しいですね。

とはいえ、私が行った時には、この雨の中10組くらいのお客さんが入っていましたから、確実に認知度は上がっているんですよ。チェケラ!

f:id:chihuahua-works:20161127164837j:plain

 

しかしなんですな。雨の慶沢園も結構風情があって意外とエエかもしれまへんな。

f:id:chihuahua-works:20161127165903j:plain

 

慶沢園は、日本一高い「あべのハルカス」が一番美しく見える場所でもあります。この日はビルに雲がかかっていて少し幻想的な感じがありましたよ。

f:id:chihuahua-works:20161127165923j:plain

 

和芸術とアーティスト

慶沢園の茶室「長生庵」につきました。ここがメイン会場となります。

f:id:chihuahua-works:20161127170349j:plain

 

伝統家屋を舞台装置にして、アート作品をもっとも引き立つように展示してあります。

f:id:chihuahua-works:20161127170527j:plain

 

f:id:chihuahua-works:20161127170731j:plain

 

f:id:chihuahua-works:20161127171018j:plain

 

作品の中には購入できるものもあるそうですよ。

f:id:chihuahua-works:20161127170820j:plain

 

f:id:chihuahua-works:20161127170837j:plain

 

アーティストさんと近い距離で交流できるのも、こういうイベントの良さでしょうね。

墨アーティストのイマタニタカコさんと陶芸家の北野きよさんと少しお話できました。お二人は今夏パリのルーブル美術館で作品を展示された実績を持つ新進気鋭の芸術家です。

f:id:chihuahua-works:20161127171142j:plain

 

毎回好評を博しているのは着付けを体験できるコーナーです。着物コーディネーターの「きもの ぺこら舎」の篠原良子さんが本格的に着付けをしてくださいます。天気が良ければ慶沢園内を着物で散策できるんですよ。特に外国から来られた方に大好評のサービスです。

f:id:chihuahua-works:20161127172816j:plain

 

今回は同時開催で「真田丸天王寺展」も開かれていました。

f:id:chihuahua-works:20161127173916j:plain

 

あら可愛い。歴史マニアなら欲しいニット帽じゃないでしょうか。六文銭真田幸村で、大一大万大吉石田三成ですね。あべのキューズモールのABCクラフトというお店で実際に購入できるそうですよ。

f:id:chihuahua-works:20161127173952j:plain

 

真田幸村ゆかりの茶臼山

慶沢園の北側出口から茶臼山の方に出ることができます。

f:id:chihuahua-works:20161127174855j:plain

 

慶沢園を出て、すぐ目の前にこんもりとした小山があります。ここが豊臣家が滅亡した大坂夏の陣真田幸村が決戦の地に選んだ茶臼山です。実は小山ではなく前方後円墳だし、池も人工的に開削された水堀跡です。

f:id:chihuahua-works:20161127174953j:plain

 

茶臼山で陣取った真田幸村四天王寺で陣を張る毛利勝永は大いに奮戦し、徳川方先鋒軍の大将を務める本多忠朝を打ち取ります。さらには総大将の徳川家康をあと少しのところまで追い詰めますが、一歩及ばずこの地で最期を迎えています。

真田幸村の武勇に深く感銘を受けた徳川家康は(何度も殺されかけたのに)、徳川の治世であっても幸村を日の本一の兵(つわもの)と褒め称えることを許可したそうですよ。

 

今日は、アートと歴史に触れるお散歩ができました。

雨でもお出かけして本当に良かったな。

 

こんな記事も読まれています。

chihuahua-works.hatenablog.jp

chihuahua-works.hatenablog.jp

chihuahua-works.hatenablog.jp

 

父になるということ。離れて暮らす夫婦の場合。

ワタクシ、父になりましてん。

 

いや、うっかりなってしまったわけではなく、何年も前から月並みでない努力をした上で、ようやく授かったわけですけどね。そもそも妻とは結婚して3年間、一度も同居した事がありませんから、その時点で既にハードルが高かったのです。

 

f:id:chihuahua-works:20161026202203p:plain

 

このブログをご存知ない方に申し上げますが、私は平日は都会(大阪)、週末は地方(倉敷)で暮らす二地域居住者でして、妻は地方側に住んでいます。距離にして200km離れてますね。

 

会社都合の単身赴任というわけでなく、自らの意思で結婚当初からそうやって離れて暮らしているわけです。そんなものが成立するのかどうか、ある意味実験的な婚姻生活なんですが、現時点では世界一仲の良い別居夫婦を自負しておりますよ。

 

今回、43歳にして初の子供が産まれたおかげで、ますますの未体験ゾーンに突入しそうです。

 

さて、授かったのは娘です。

手前味噌ですが、玉のような赤ん坊とはまさにこの事だと合点がいきました。可愛くて仕方がありません。

 

離れて暮らす夫婦が、出産というイベントを迎えて気がついたことや、ITを活用すると距離があってもいろいろ上手くいくことなど、徒然なるままに書き留めておきたいと思います。

 

妊娠の週数を知る

妊娠は十月十日の長丁場です。そして刻一刻と状況が変化します。離れて暮らす亭主には、その変化をトレースできないという問題があります。その問題を解消するのに役にたったのが「パパninaru」というスマートフォンアプリでした。

 

appsto.re

 

妊婦向けに役に立つ情報を配信する「ninaru」というアプリが本家本流なんですが、その男性版です。

 

基本的に妊婦は、妊娠週数によってどのような状況かを推定できるわけですが、その週替わりのタイミングで母体の状態の説明や妊婦に言っていいこと、ダメなことなどをアドバイスしてくれます。普段妻といっしょにいないので、コミニュケーションのネタとして大いに役に立ちました。

 

名付け

出産を控えた夫婦にとって責任重大な仕事があります。それが我が子への名付けです。私たちはある程度のテーマを決めたら、とにかく質より量で沢山の候補をあげていき、後で精査していくという方法をとりました。しかし離れて暮らしているので紙のノートに書いて、見せ合うことなんてできません。

 

こうした場合、LINEのノート機能が役に立ちました。ノート機能とはトークルーム内で共有できる掲示板のようなもの。妻と私だけがみえるわけです。タイムラインだと流れてしまい、後から探すのが大変ですが、ノートの場合残り続けるし、保存期限もありません。離れた場所でもブレーンストーミングのような討議ができる便利機能です。

 

十分に話し合えたおかげで納得ができる名づけができたと自画自賛しています。

 

f:id:chihuahua-works:20161027080845p:image

 

 

出産の立会い

私は今回、出産の瞬間に立ち会うことができました。こんなに遠く離れているんだから、立会は無理かもと思っていましたが、結構大丈夫みたいです。

 

産婦人科の先生からは陣痛の間隔が5分を切ったら、タクシーに乗って病院に来てくださいと言われていました。陣痛の間隔が10分を切ってから子宮口が全開になるまでの所要時間は初産ならば10〜12時間、経産婦でも4~6時間あるそうです(個人差があります)。

 

私の場合、陣痛の間隔が10分を切り始めた時は、平日の昼間で仕事中でした。その日は早退して、新幹線に飛び乗って倉敷の妻の実家に向かいましたが、妻は全然余裕な感じで拍子抜けです。晩御飯を食べて、犬の散歩をしてから、二人で連れ立って病院へ行きました。時間的には結構余裕がある気がします。

 

奥さんが陣痛間隔を測ったり、ネット経由で旦那さんが測定結果を知るのに「陣痛きたかも」というアプリが便利でした。遠く離れた私でも陣痛の間隔が短くなってくることをリアルタイムで知り、妻と気持ちの昂まりを共有できましたよ。

 

appsto.re

 

出産は大変どころか過酷という言葉の方が近い。そしてなにより感動的でした。立ち会うことで母なるものへの尊敬の念が増したように感じます。

 

出生届の提出

別居夫婦なんで、出生届をどこに出すべきかと考えてしまいました。基本的には奥さんの住む自治体の役所でしょう。入院する産婦人科出産育児一時金の手続きをお願いする場合もスムーズにいくと思います。

 

ただし、出生届に伴う役所への申請で一つだけ、別居夫婦では受理されないものがあります。児童手当の申請です。これは夫婦で収入が多い方、だいたい旦那さんになると思いますが、そちらが住民税を納めている方の自治体へ申請する必要があります。

 

申請には、新生児を含む世帯全員の住民票が必要です。私の場合、役所の担当者に事情を説明したら、出生届を提出した1時間後に住民票を頂くことができました。あと念のため奥さんの収入証明書もあった方がいいです。これは役所の納税課でもらえます。

 

あと必要なものは印鑑と身分証明書くらいかな。必要資料があつまったら、旦那さんの住む自治体の役所に行き、児童課で申請をしましょう。 申請が遅れると1か月分の手当をもらいそびれたりして損です。

 

まとめ

別居夫婦の妊娠・出産というレアケースを経験できたので、いろいろと書き残しておきました。子供を授かるということは、個人的には一大プロジェクトでした。離れて暮らしていても、意外となんとかなります。同じような別居夫婦のみなさん、あきらめずにどうぞ頑張ってください!

 

 

 

こんな記事も読まれています

chihuahua-works.hatenablog.jp

 

chihuahua-works.hatenablog.jp

 

chihuahua-works.hatenablog.jp

アイコス(iQOS)を確実に入手したい人は、iQOSストアへ行こう。ってことで実際にiQOS梅田で買ってきたよ。

煙の出ない煙草、アイコス(iQOS)がすごい人気です。

 

喫煙者の方々も、できれば周りに迷惑をかけずに済ませたいし、自分のまわりがヤニ臭いのは嫌なんですよ。私自身、今でこそ非喫煙者ですが、20年近く喫煙習慣があった人間なのでよくわかります。

そもそも、そういう需要があったところに、テレビ朝日のアメトークでiQOSが特集されて人気が爆発しました。

 

現状は、とにかく品薄で入手が困難な状況になっています。しかし全国に7箇所あるiQOSストアに行けば、確実に手に入るんです。

 

そもそもアイコス(iQOS)って何?どんな仕組み?

ご存じない方もいらっしゃるでしょうから、iQOSをおさらいしておきましょう。iQOSとは、米国の煙草メーカー「フィリップ・モリス」社が、2000億円もの巨費を投じて開発した火を使わない次世代の煙草代替品です。公式サイトでは、以下のように紹介されています。

 

IQOS はどんな製品ですか?

iQOS は、革新のたばこヒートテクノロジーにより紙巻たばこの不便さ・不都合さの大部分をなくした形で本物のたばこの味わいを楽しみたいという成人喫煙者向けの紙巻たばこの代替品です。IQOS からは灰は出ませんし、使っていないときに出る煙(副流煙)もありません。また、ニオイも少なくなっていますので、よりクリーンな形でたばこを楽しむことができます。  

引用:https://www.iqos.jp/faq

 

iQOSの仕組みはこうです。圧縮された煙草葉に特殊構造のブレードをぶっ刺して加熱。熱で発生する水蒸気を吸うことでニコチンを摂取できるという仕組みです。要は蒸し焼きなんですね。

f:id:chihuahua-works:20160925154401j:plain

 

この技術により、iQOSは、以下の特徴を持つ製品になりました。

  • においが少なく灰が出ない
  • 有害なタールを9割削減。ヤニがほとんど出ない。
  • 火の始末の心配が無い

 

フィリップ・モリスは煙草が嫌われる理由を徹底に研究して、原因を潰してきたようです。世界を取り巻くアンチタバコの風潮に対して、フィリップ・モリスが出した答えは、過去の煙草を否定し、完全に新しい喫煙習慣「iQOS」を普及させることなのかもしれません。その証拠に、公式サイトや公式パンフレットに、フィリップ・モリスを連想させる言葉はほとんど出てきません。

 

入手困難なiQOSは、iQOSストアで予約しよう

iQOSは、2016年4月から全国販売が始まりました。しかし需要に供給が追いつかず、とにかく入手困難になっています。主な入手先は以下の3つです。

 

コンビニ・煙草屋

喫煙者なら、いつも煙草を購入している場所ですね。ここで買えれば手軽で良いのですが、現状仕入れが不安定でいつ入荷するかわからないことが問題です。そのため予約を受け付けていないところがほとんどのようです。だから偶然見かけたら買うぐらいのスタンスにならざるをえません。なお後述のiQOSアプリでの割引に対応しています。

 

通販サイト

通販サイトならいつでも購入することができます。ただし需要と供給のバランスで値段が決まりますので、プレミア価格で購入することになります。17,000円くらいが相場のよう(2016/9/25時点の調査)です。通常価格が9,980円だと考えれば、かなり割高になりますね。手間とお金をトレードオフできる人ならよろしいんじゃないでしょうか。iQOSアプリを使った割引は使用できません。

 

iQOSストア

直営だけあって、毎日大量かつ安定的に仕入れができているようです。予約を受け付けているので、10日ほど待てば、確実にiQOSを入手出来ます。もちろん通常価格で購入できますし、後述のiQOSアプリでの割引にも対応しています。

欠点としては全国に7箇所しかないことですね。仙台、原宿、名古屋、梅田、心斎橋、広島、福岡です。なぜか札幌がハブられました。大阪は優遇されて2店舗あります。おそらく喫煙人口に対して店舗を割り当てられたんでしょう。

非喫煙者の私が、今回iQOSを購入することになった理由は、岡山在住の親戚に頼まれたからです。自分の居住地にiQOSストアがあればラッキー。なければ、親戚やお友達に頼みましょう。

 

iQOSストア仙台

 

iQOSストア原宿

 

iQOSステーション(名古屋)

 

iQOSストア梅田

 

iQOSストア心斎橋

 

iQOSストア広島

 

iQOSストア福岡

 

iQOS公式アプリをインストールすれば、三千円割引になるよ

iQOSの購入を決めたら、まずiQOS公式アプリをインストールしましょう。AppStoreやPlayストアで「アイコス」と入力して検索してください。似た名前のアプリがあって紛らわしいです。フィリップ・モリスが提供している公式アプリの名前は「iqos.jp」です。お間違えなきよう。

f:id:chihuahua-works:20160925195738j:plain

 

インストールしたら会員登録をしましょう。登録する際に4桁のパスコードを決めます。アプリを立ち上げる際は、毎回パスコードを入力する必要があります。iQOSストアで割引を受ける際にアプリを立ち上げる必要がありますので忘れないようにしましょう。

f:id:chihuahua-works:20160925202843j:plain

 

iQOSアプリには、一人一回限りの3000円OFFクーポンが付いています。これでiQOSの価格は7000円弱まで下がることになります。なお有効期限がありまして、2016年12月31日までです。

f:id:chihuahua-works:20160925213726j:plain

 

iQOSの予約

実際に予約をするため、iQOSストア梅田へ来ました。夜9時まで開いていますが、予約業務は夜7時で終わりです。ご注意ください。

f:id:chihuahua-works:20160925204726j:plain

 

清潔感があって綺麗な店内です。日曜日の昼間だったからか、そこそこ人でいっぱいでした。受付で予約をしたいと伝えると、申し込み用紙を渡され、店内で申込用紙を記入するように言われました。用紙を提出したら呼ばれるまで待ちます。なお免許証などの身分証明書が必要ですので、あらかじめご用意ください。

f:id:chihuahua-works:20160925205541j:plain

 

10分ほど待ったでしょうか。スタッフがiQOSの受け取り予定日を聞きにきます。受け取り日時はいくつかの候補から指定出来ます。およそ10日後くらいですので、自分の予定の空き状況は先に頭に入れておきましょう。

 

iQOSの受け取り

受け取りのため、自分で指定した日時にiQOSストア梅田を再訪しました。今回は待ち時間なしですぐに対応してくれました。

ホワイトかネイビーどちらかの色を指定します。割引を受けるには、このタイミングで購入店舗をiQOSアプリへ登録する必要があります。スタッフに頼めばアプリの操作はやってくれるでしょう。身分証明書は今回も必要です。

 

なんやかんやで、無事iQOSをゲットしました。

f:id:chihuahua-works:20160925214717j:plain

 

ちなみにiQOSユーザーだと、iQOSストア内のラウンジがタダで利用できます。iQOSを印籠のように見せつければ利用可能です 。ワンドリンク・ワンフード付きで、これもタダ。もちろんiQOS吸い放題です。

f:id:chihuahua-works:20160925215212j:plain

 

メニューは、結構選べます。ワインなんてものもありますよ。

f:id:chihuahua-works:20160925215725j:plain

 

ラウンジのソファに腰を下ろして、エスプレッソとチョコレートを頂きました。どちらも質が良いもので、十分美味しいです。

隣に座った方が、iQOSを吸っていましたが、タバコ臭は皆無で、凄い技術の進歩だなあと感心しきりです。

喫煙者と非喫煙者の共存ができる世の中になれば良いですね。

 

3Dプリンタやレーザーカッターで起業を実現した『飛鳥おもいで堂』の挑戦!

今回、どうしてもお会いしたかった人を訪ねました。

今、流行りの3Dプリンタやレーザーカッターを使って、実際に起業し、お店を出した方が、奈良の明日香村(飛鳥)にいるらしいのです。

これは、ぜひお会いして、お話を聞かねば。

 

しかし、なぜ飛鳥なんでしょう?

 

飛鳥といえば、6世紀ごろ日本で最初に開かれた都があった場所ですが、今ではのどかな田園地帯であり、風光明媚な観光地でもあります。起業にあたってどのような思い・戦略があって、この地を選んだんでしょう。

 

その方のお店の名前は、『飛鳥おもいで堂 』と言います。

飛鳥にまつわる造形にこだわり、3Dプリンターやレーザーカッターを使って、その場で生産・販売をしている今までにない業態のお土産屋さんです。

 

とっても興味深くないですか。私はとってもワクワクしています。

 

飛鳥へGO

飛鳥へは近鉄電車に乗って行くことにしました。最寄り駅は橿原神宮前駅。駅からはバスに乗って、目的地に向かいます。

f:id:chihuahua-works:20160831232135j:plain

 

バスの車窓から見える景色は、とても美しいのです。日本人の原風景と呼んでも良いのでは。見渡す限りの田園地帯とはいえ、ただの田舎とは違うように感じました。もとは都だった土地が持つパワーでしょうか。ところでローカルバスで行く旅は、ちょっとイイですね。遠足に来ている気分になります。

f:id:chihuahua-works:20160831232154j:plain

 

目的地はここ。万葉文化館です。ここのお隣、明日香民族史料館という観光施設にテナントとして入っているそうです。見渡すとそこら中に古墳がありますよ。まさに奈良という感じです。

f:id:chihuahua-works:20160831232223j:plain

 

早速、明日香民族史料館に入ってみましょう。

f:id:chihuahua-works:20160831232242j:plain

 

入り口に看板が出ていました。埴輪フィギュアの写真でお出迎えです。3Dプリンタ製でしょう。施設内には食事が出来るところがいろいろあるみたいですね。そういえばこの辺は三輪素麺が名物でした。日本三大素麺の一つです。

f:id:chihuahua-works:20160831232256j:plain

 

飛鳥おもいで堂に到着しました。お店の外観はこんな感じ。一見普通のお土産屋さんに見えますが、入口付近に黒くてゴツい機械が置いてあるところが違いますね。これはデルタ型の3Dプリンタです。

f:id:chihuahua-works:20160831232314j:plain

 

ついにお会いできました。代表者の西川さんです。気さくにお迎えしてくださいました。店内には3Dプリンタが4台くらいあって、常にどれかが稼働しています。製造工程をお客さんにライブで見せることで、お土産屋にエンターテイメント要素を持たせているのですね。

f:id:chihuahua-works:20160831232401j:plain

 

聞きたいことは山ほどある

早速ですが、西川さんにいろいろ質問をぶつけてみたいと思います。

 

 

はじめまして

 

 

はじめまして

 

 

唐突ですが、どうしてこの飛鳥で起業しようと思ったのですか?

 

 

以前は、大阪にある会社で働いていましたが、住まいは奈良の橿原市でした。数年前、橿原市内で引っ越ししまして、明日香村に歩いて行ける距離になりました。休日にサイクリングをしたり、ハイキングをしているうちに、明日香村ののどかな雰囲気が好きになりました。観光客の動向や、村内の土産物店等を色々と巡ることもやりました。出店した大きな理由は、明日香村を好きになったことと、もともと歴史が好きだったこと、近隣で最も観光客が多い場所であったこと・・・といった感じです。

f:id:chihuahua-works:20160901210621j:plain

 

 

きっかけはこの土地に対する愛情なんですね。

 

 

あと、自分が欲しいお土産品がなかったので、作ってみたかったことも理由としてありますね。飛鳥のこの土地はお宝の山というか素材に事欠かないんです。石舞台・亀石・高松塚古墳キトラ古墳、こういったものうまく活用したいと思いました。

 

 

もともと3Dプリンタやレーザーカッターに関わるお仕事をされていたんですか?

 

 

いいえ、関係のない普通のサラリーマンです。建材メーカーで研究職などをしていました。でもものづくりは大好きで職場近くの「デジタル工房Makersラボ」という施設で3Dプリンタやレーザーカッターを使ったものづくりを趣味で楽しんでいました。ちょうど飛鳥の魅力をもっと伝えたい、飛鳥に来てくださる方に素敵な想い出を持って帰っていただきたいという思いが強くなってきた頃、責任者を任されていた新規事業の立上げが一段落したので、思い切って会社を辞め、土産物と3Dプリンタやレーザーカッターを組み合わせるビジネスを始めました。

 

 

開業には、お金がずいぶんかかったでしょう?国金(日本政策金融公庫:開業資金などを融資する政府系金融機関)で借りたりとか?

 

 

いいえ、借りてないんです。だから出来るだけお金をかけないように知恵を絞りました。最初は机を並べただけの露店で始めました。縁あってここ明日香民族史料館に移りましたが、ここは一か月の賃料が8000円なんですよ。

 

f:id:chihuahua-works:20160901200519p:plain

 

 

安っ‼

 

 

公的な補助金は最大限活用させてもらいました。創業補助金は最大で200万円まで支給されますから、3Dプリンターやレーザーカッターの購入資金に当てました。

 

 

あと明日香民族史料館の中にあるチャレンジショップは行政が開業支援の為につくったものなので3年間しかおれません。もう1年がたちました。あと2年間以内に次の展開を考えないといけないですね。

 

 

次の展開について具体的な話を聞いてもいいですか?

 

 

もちろん

 

 

地道な努力が実を結ぶ

 

 

商品の販路を増やそうとしています。奈良駅前やキトラ古墳のお土産屋さんでも置いてもらえることになりました。地域の子どもむけワークショップなどに顔を出して講師をやったりしていると地元での繋がりができて、いろいろと声をかけてもらえるようになりました。

f:id:chihuahua-works:20160901205636p:plain

 

 

また商品自体の魅力を高める努力もしています。例えば特産の吉野ヒノキやスギなど、ここにしかない素材をうまく活用したりしています。デザインも飛鳥の良さを引き出そうと日々研究しています。とても熱心なファンの方もいて東京からわざわざお越しくださり、何万円分もお買い上げ頂けた方もおられました。

f:id:chihuahua-works:20160901210210j:plain

 

 

私も3DCADを使ったりするのですが、すごい造形テクニックですね。ソフトは何を使っているのですか?Fusion360ライノセラス

 

 

いやあ、ここは企業秘密なところで詳しくは言えません(苦笑)。しかし単一のソフトだけでこの造形は無理なんです。ソフト毎の特性を活かしていますし、実はハードウェアの特性の違いも考慮に入れているんですよ。これ以上はご勘弁を(笑)。

f:id:chihuahua-works:20160901211702j:plain

 

田舎で変わったことをやると注目される

 

 

田舎で変わったことをやるとすぐに注目を受けます。地元奈良のテレビ局の取材を受けたこともあります。都会の中では埋もれてしまうところが、田舎では突き抜けられる。

 

 

ふるさと納税という制度があるでしょう。行政とタイアップして、明日香村への寄付のお礼品に当店の商品も加えてもらいました。知恵を絞っていろんな展開を進めていこうと思っています。

f:id:chihuahua-works:20160901213843j:plain

 

 

すごいですね。今後の展開がとっても楽しみです。本日はどうもありがとうございました。

 

 

 

飛鳥おもいで堂で販売している商品たち

飛鳥おもいで堂の店内をぐるりと見てみましょう。アイデアと地元愛の詰まった商品が目白押しです。

 

この飛鳥の巨石をオブジェは、開店直後、最初に作った商品だそうです。

f:id:chihuahua-works:20160831232425j:plain

 

依頼者を造形する3Dフィギュアも記念品として人気があるそうです。

f:id:chihuahua-works:20160831232504j:plain

 

可愛い埴輪の形をした「埴輪スタンプ」。手書きの図柄や文字をスタンプにもできます。20分程度でお渡しが可能です。修学旅行生にとても人気があるそうですよ。館内で食事をしている間に完成します。

f:id:chihuahua-works:20160831232637j:plain

 

有名なキトラ古墳の四神図を極めて精密に彫刻した作品です。今、西川さんの一押しだそうです。是非実物をご覧になってください。

f:id:chihuahua-works:20160831232711j:plain

 

お店から帰る頃に運良く大仏フィギュアのライトアップを見ることができました。ぷっくり膨らんだほっぺが愛らしい東大寺の盧遮那仏さんです。これとは別にスマートな飛鳥大仏バージョンもあるんですよ。ぜひお店に足を運んでご覧になってくださいね。

f:id:chihuahua-works:20160901234216j:plain

 

これは新しい生き方のモデルケースでは

今回、飛鳥おもいで堂を訪問して、本当に実践的で価値のあるお話が聞けました。美しい明日香村で着実に商売を広げる姿を拝見して、昨今のある意味浮ついた地方移住ブームとは異なる地に足をついた生き方を目の当たりにした思いです。お店では西川さんの奥様と少しお話できたのですが、旦那様を信じて支える芯の強さを感じました。

何かを始めるには蛮勇にも似た勇気が必要なんですね。サラリーマンとして成功者だったのに、本当にゼロから再出発するなんて驚嘆しかありません。勇気・努力・家族の支え・出会い・地方に眠るお宝・田舎だから目立つという逆転の発想、行政との正しい協力関係。西川さんのお話には新しい生き方のヒントがそこらじゅうに詰まっているように感じました。

 

飛鳥おもいで堂について詳しい情報はこちら

asukamura.com

奈良県立万葉文化館のHP(交通アクセス情報はこちらからどうぞ。隣の明日香民族史料館ですのでお間違えなく)

飛鳥おもいで堂のFACEBOOKページ

 

*こちら最近千輪々商店から発売した戦国武将家紋iPhoneケースです。いろんな戦国武将の家紋を見比べられるようにしていて、見てるだけで楽しいですよ。ぜひご覧ください。

 

*木製iPhoneケースも人気です。

 

こんな記事も読まれています

chihuahua-works.hatenablog.jp

chihuahua-works.hatenablog.jp

chihuahua-works.hatenablog.jp

chihuahua-works.hatenablog.jp

千輪々商店は、自分で作った商品を販売するネットショップです。

f:id:chihuahua-works:20160211215706p:plain

ランキングに参加しています。
ポチッと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 週末田舎暮らしへ にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術情報へ
にほんブログ村